日経CNBCの取材とモンブラン

最近は、たまたまですが、取材をされる機会が増えました。

先日は、年末にNHKにインタビューされたり、今回は、eumoの関係から日経CNBCに取材をしていただき、youtubeに公開されています。


日経CNBC

https://www.youtube.com/watch?v=1nZdQKYmGvY


なぜか両方とも新橋。パワースポットなのかもしれません(笑)


eumo関係者ということで、株式会社シンカのあやぴーさんに声をかけていただき、お友達のともやさんとインタビューに応えています。


私は思えば、eumoアカデミー、eumo通貨デザインコース、eumo加盟店、eumoの共感株主。eumoにハマっております。


私が話したところは編集で、良いところを抜粋して頂いてますね。さすが。

eumoの代表の武井さんが話されていることが分かり易いですね。やっぱり。


取材はいろんなことを聞かれたけど、全体としては、


・「共感資本社会とは何なのか?」

・「なぜ非営利型株式会社に投資しているのか?」


「共感資本社会とは?eumoって何?どう使うの?」という質問に対して、私は

 一言で言えば「体験するのが早い」です。


なので、今回は実際に加盟店としてケーキを持ってきて、そのありがとうの循環を具体的に説明してもらいました。(ただ持っていきたかっただけですが)


飯能名栗のAliveというサスティナブルラボから、名栗、で

「栗のモンブラン」にしました。



実際のやりとりは、動画でうまく編集して頂いたと思います。

撮影の後、記者の方と一緒に、このケーキを食べてもらいました(笑)


さらに、シンカの社員の方にもお配りしたら、御礼にお米を頂きました。

まさにGIFTされるとGIFTしたくなる、この世界観ですね。



・「なぜ非営利型株式会社に投資しているのか?」の質問には


正直にいうと「なんとなく」です(笑)

直感的には「eumoを応援したくなったから」というのが本音だと思います。


私は加盟店を始めてみて、既に自分が株主コミュニティ制度を活用して投資した以上の

「何か」を受け取ってると感じています。


それは金銭的な部分というよりは、まさに関係性です。


私のケーキにeumoでGIFTしてくださる方々は本当にいい人ばかりで、昔から知り合いだったような感覚になります。


もし、自分一人でお店だして、チラシ作って、宣伝して、とかして何年かかかるプロセスが既になくてもいいくらいになっていると体感しています。


そしてその関係性の中で、循環の輪の中にいるのが心地良いのだと思います。

やりたい、やってみたいことを応援してもらえる、だから、eumoも応援したい。

それが株主コミュニティ制度を形として活用した、のだと思います。


テレビ、Youtube、次は・・・いや、しばらくはスイーツの修行をします・・・


おまけに苺のショコラテリーヌも持っていったのでその写真も載せておきます。






閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示