top of page

自分の誕生日をお祝いしたケーキ

誕生日を迎え、とても貴重な体験をさせて頂いた。

自分の誕生日ケーキを自分で作り、みんなでお祝いしてもらうということ。



それは、8月の誕生日の仲間が集まるイベントがあって、ちょうどその日が

私の誕生日だったのです。場所は、何度もお祝いでケーキを運んだすなbar。


みんなのお祝いケーキの依頼があって、作らせてもらえるだけでも、ありがたいのに、

自分用も依頼されるとは!


みんな用ケーキは、すんなり決まった。

前日に、白イチジクをギフトされていて、「これを使え」と言わんばかりの量だったので、イチジクのショートケーキをまずはでっかく作った。



さて、自分用のケーキ。全然決まらない・・・


誰かのために、作るときにはとても集中力が増す。

その人が喜んでる姿や、お祝いであれば、周りの人が嬉しそうにする姿を思い浮かべると、「よし、頑張ろう!」と思う。


自分を喜ばせるケーキ・・・ピンとこないw


最初は、自分の好きな物を作る、好きな食べ物を載せる、など考えた。

自分が作るケーキはどれも美味しいと思っている。一番はない。

好きな果物は、昔はメロンだったけど、今はなんでも好きかも。


発想を変えて、デザイン重視にしようと思った。

まずはメッセージ、「ゆうた、誕生日おめでとう」なんかサムイ・・。

自分を好き過ぎる感じがして、ちょっと却下。


英語にしたらと思い、「my birthday」にしようかな。と考える。

ただ、これも「俺の誕生日を祝え感」が強い気がして、もう少し考えることに。


その時、私の好きなMr.childrenの曲で「Birthday」を思い出す。

その歌詞で好きな部分は、


♪Its your birthday 毎日が誰かのバースデイ

ひとりひとりその命を讃えながら今日を祝いたい♪


ここ最近は、いろんな方にGIFTを届けると、毎日が誰かの記念日、誰かの誕生日なんだな、って実感していたので、「これだ!」と心が決まる。

Your Birthday


これは、私という人が、「私というあなた」にギフトするとも言えるし、

今回一緒にお祝いするみんな=あなたたち、を意味することもできる。


あとは、ギフトケーキなので、ギフトボックスにしようと思い

慣れないマジパンを作り、リボンの形にしてみる。

ベースはショートケーキと桃のシンプルな味に。以上完成。


そして、今回の誕生日はあることにチャレンジしました。


本当に些細なことなのですが、Facebookの誕生日を「公開」にしてみました。


たいしたこだわりではなかったのですが、

自分が祝うことが多いので、祝う側でいたい、なんてかっこつけてたり、

たくさんお祝いしてるのに、お祝いされなかったらどうしよう、なんて恐れちゃったり、

そんなこだわりをなくしてみようと。


きっかけとなったのは、やはりGIFTな活動を続けていて思ったこと。


循環を作る人は、受け取るのが上手。そして、しっかり受け取ることが大事


例えば、誰かにGIFTを渡す、その時に、「いやいや悪いから、そんな」

なんて遠慮があって、受け取らないと循環は起きない。

その時に想いを持って届けたGIFTはそこで役目が終わってしまう。

(ただ、ガチで嫌われてるケースは断られてもしょうがないのでその見極めは大事ですw)


私は自分の誕生日をお祝いしてくださる方がいたら、しっかり受け取ろうと。

受け取った人の気持ちを感じて、それを大事に、またGIFTしていこうと思いました。


結果・・・・・


めちゃめちゃメッセージがキターーーーー泣

これは嬉しかった。本当にありがとうございました。


自分にも産んでくれた両親がいて、祝ってくれる家族がいて、普段そんなに会わない方もメッセージをくれたりして、こんな自分は幸せだったんだって、再認識しました。


この満たされたエネルギーをまた、GIFTに使っていきたい。

そして、私もまたGIFTを頂きたい。


たぶん、この連続性が大事なんだ。


そしてそれを妨げるのは、お金や仕事など断続的に分断する仕組みもあるのだけど、

自分自身の心に潜む「壁」の意識なのかもしれない、と思ったり。


少しずつではありますが、意識をアップデートしていっています。

そんな気づきの多い、誕生日となりました。

お祝いしてくれたみなさま、本当に有難う!





ブログをお読み頂き、本当にありがとうございました。






0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page